パテックフィリップという時計を知った

私は昔から時計にはある程度興味はあった。

以前はブランドの時計を持つことはなく、5000円程度のものを持っていた。

しかし、いつかはちゃんとした時計、といったらいいのだろうか、しっかりした時計を欲しいものだと思うようになっていった。

時もたち、社会人になりある程度貯金もできたところで、そろそろ時計の購入を考えるようになった。

大手百貨店に伺い、様々な時計を見て自分にピッタリな時計をと思い、考えた結果、某ブランドの時計を購入した。

別の時計も考えたが、ビジネスで相手にしっかりした印象を持ってもらいたいと思い、普通のモデルにした。

その時計は毎日使っており、精度、できの良さ、全てにおいて満足している。

こうして1つ自分のしっかりした時計を手に入れると、その他のメーカー、ブランドの時計も気になるようになり、ネットや展示品などをいろいろ物色し始めた。

その時に初めてパテックフィリップというブランドを知り(パテックフィリップの買取情報やうんちくはコチラ)このような高級品もあるんだなぁ、と思った。

雑誌などにもたびたび広告が出ているのにも気がつき、自分の中でいつのまにかとても気になる存在になっていった。

このメーカーの考え方、方針もとても共感を得るものがある。

作るときも一切妥協せず、親から子へ、孫へと伝えられる時計という風に広告ではあったが、とても温かいものを感じ、その時計の質、メーカー共に非常にいい印象を持ったものである。

ただとても高級なので、いつかはパテックフィリップを1つは持てたらいいな、と密かに思っているところである。